ハムナプトラ好きは観るべし『スコーピオン・キング』

  • 2017.05.27 Saturday
  • 20:06

JUGEMテーマ:映画

原題 The Scorpion King

製作 アメリカ(2002)

監督 チャック・ラッセル

出演 ドウェイン・ジョンソン(ザ・ロック)、ケリー・フー、マイケル・クラーク・ダンカンetc

★★★★☆

 

紀元前3000年ごろの古代エジプト。強力な軍隊を率いる最強の戦士メムノーン(スティーブン・ブランド)は圧倒的武力と強さで他民族を支配していき、側近の預言者カサンドラ(ケリー・フー)の予言の力で、未来で彼に逆らうとされる者は皆殺しにしていた。服従を拒む民族の長老たちはメムノーンを殺すために、暗殺部族と呼ばれたアッカド人のマサイアス(ドウェイン・ジョンソン)とその兄、そしてその同胞の3人を雇う。彼らはアッカド人最後の生き残りだった。マサイアスらはメムノーンの軍が滞在する野営地に夜の間に忍び込むも、暗殺は失敗。マサイアスは目の前で兄と同胞を失う。メムノーンはマサイアスも殺そうとするが、預言者のカサンドラは縁起が悪いとそれを止めた。そこでメムノーンはマサイアスを、同時に捕らわれていた馬泥棒のアーピッド(グラント・ヘズロウ)と共に束縛する。からくも2人で逃げ出したマサイアスはメムノーンへの復讐を誓い、彼の砦へと向かう。

 

『ハムナプトラ2 黄金のピラミッド』にて、初登場ながらも強烈なインパクトを残した「スコーピオン・キング」。そんな彼の人間時代の活躍を描いたのが本作だ。『ハムナプトラ』シリーズのスピンオフ作品の位置に属する。『ハムナプトラ2 黄金のピラミッド』ではどちらかというとアウトローな立場で、最後も邪悪な存在として描かれていたが、そこからは想像できないほど本作の彼はれっきとしたヒーローであった。まあ『ハムナプトラ2 黄金のピラミッド』だけでの彼にしておくにはもったいないほどの輝きを持っていたので、彼が主人公の映画が作られるのは必然的だろう。本作はドウェイン・ジョンソンの主演デビュー作であり、『ワイルド・スピード』シリーズのような人知を超えたバケモノ(笑)化する以前の、初々しい姿を見ることができる。『ハムナプトラ』監督のスティーブン・ソマーズは製作に回っている。

 

『ハムナプトラ』シリーズのウリが最先端の迫力あるCGだったことに対し、本作のウリはCGに頼らない肉体を駆使した殴り合いやソードアクション、そしてスタントだ。『ハムナプトラ』シリーズにも面白い格闘アクションなどはあったが、本作では更にそれらが洗練されてメインのアクションとなっている。実際に驚くほどアクションの画が面白いんだよな!身の周りの物や環境をフルに利用して戦うマサイアスの姿は、まさにジャッキー・チェンのアクションスタイルそのものだ。闘いのステージも、砂嵐の中やコブラが這い回る床の上、そして燃え滾る炎の中など色とりどり。中でも砂嵐の中で敵と闘うシーンでは、マサイアスがまるでプレデターの如く姿を見られることなく1人1人殺していくという、ちゃーんと暗殺部族という設定が守られているのだ。メムノーン役のスティーブン・ブランドも、敵役ながら天晴れな剣裁きを披露してくれた。1本の剣を素早く分裂させて二刀流になったり、刀身に炎を纏わせて振り回したりと、カッコよくて痺れるぜ。

 

ドウェインは映画経験がほとんどない状態なのに演技も自然に見え、映画栄えするその容姿でアクションスターの仲間入りを果たした。『アルマゲドン』『グリーンマイル』の今は亡きマイケル・クラーク・ダンカンや『ロード・オブ・ザ・リング』『タイタニック』のバーナード・ヒルなどの名優たちが脇を固めている。グラント・ヘズロウ演じるアーピッドがコメディ要員としての存在で、随所で安定した笑いを提供してくれる。『ザ・グリード』や『ハムナプトラ』シリーズもしかり、スティーブン・ソマーズ脇役のコメディ要員を巧みに引き立たせるのが上手いと感じた。

 

ストーリーもアクションもキレが良く、無駄がないテンポの良さでサクサク話が進むので、万人が楽しむことができるだろう。強いて言うならば、マサイアスが何故スコーピオン・キングと呼ばれるようになったのかについての理由が弱いのが気になった。一応マサイアスはある理由で体にサソリの毒が回るが、特にそれがストーリーに活きているわけでもなく、ぶっちゃけこのシーンがなくても映画は成立しそうだ。

 

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 恋するランボー『ランボー 怒りの脱出』
    Jing Fu (12/28)
  • 恋するランボー『ランボー 怒りの脱出』
    craftsman-w (12/26)
  • 「いっち、にっ、いっち、にっ」『ムカデ人間』
    Jing Fu (12/15)
  • 「いっち、にっ、いっち、にっ」『ムカデ人間』
    asami (12/14)
  • 「いっち、にっ、いっち、にっ」『ムカデ人間』
    asami (12/14)
  • 頭を素でぶつけちゃうトルーパー『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』
    Jing Fu (12/11)
  • 頭を素でぶつけちゃうトルーパー『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』
    asami (12/09)
  • ラスト、はあ...『ミスト』
    Jing Fu (10/24)
  • DVP(ダニー・グローバーVSプレデター)『プレデター2』
    Jing Fu (10/24)
  • DVP(ダニー・グローバーVSプレデター)『プレデター2』
    craftsman-w (10/23)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM