マクドナルドに行けなくなる人続出『IT』

  • 2017.11.11 Saturday
  • 19:30

JUGEMテーマ:映画

原題 IT

製作 アメリカ(1990)

監督 トミー・リー・ウォーレス

出演 リチャード・トーマス、ジョン・リッター、ティム・カリーetc

★★★★☆

 

1990年、アメリカの田舎町のデリーにおいて、子供ばかりが被害に遭う連続殺人事件が発生する。警察による捜査が捗らない中、デリー在住の図書館員であるマイク(ティム・リイド)は、事件現場にてあるはずのない1枚の古い写真を発見する。写真を見たマイクの脳裏にある記憶が蘇る。子供時代に「IT(イット)」と呼んでいた 、道化師姿のペニー・ワイズ(ティム・カリー)が犯人であることを確信したマイク。30年前の約束を果たすために、故郷を離れた旧友らに電話をかけ始める。電話を受け取ったビル(リチャード・トーマス)、エディ(デニス・クリストファー)、ベン(ジョン・リッター)、ペヴ(アネット・オトゥール)、スタンリー(リチャード・メイサー)、リッチー(ハリー・アンダーソン)らの脳裏にも、30年前の恐怖の記憶が浮かんだ…。

 

『IT それが見えたら終わり』が日本でも大ヒットしてるみたいで、上映劇場も増加するそう。俺も火曜日に知人と観にいってきたけど、安心して楽しむことができました。火曜のレイトショーなのに満席なのは凄かったなあ。しかも若い人たちが圧倒的に多い。そんな『IT それが見えたら終わり』はリメイク作品であり、今日紹介する『IT』という原作があることをあまり知らずに観てた人が多いのかも。

 

原作は、好きな人にはたまらんスティーブン・キング。本作は映画といっても、テレビ用に製作されたいわゆるテレビムービーであり2部構成となっている。時間は合計で3時間くらいあるので、慣れてないとちょっと疲れるかも。前編は主人公らが恐怖に怯えながらも立ち向かって成長していく子供時代を中心に、後編は大人となった主人公らが過去のトラウマに悩まされながらも、それを克服するために恐怖に挑む姿が中心に描かれる。子供時代と大人時代を交互に織り成す物語の構成は、それぞれの時代の要点やつながりを分かりやすく理解することができて、ストーリーを十分に楽しむことができると思う。

 

どんな人が観ようがずば抜けて印象に残ることになるのが、イット=ペニー・ワイズのピエロ姿であることは間違いない。そのあまりにも強烈過ぎるビジュアルは、登場人物らの如く脳裏にしっかりと刻み込まれてしばらくは消えないぞ。子供の恐怖につけこみ、その子供が怖いと感じるものに姿を変えるため、定まった実体がない。これがイットと呼ばれる所以だろう。姿を変えるといってもそこまでレパートリーはなく、基本はピエロ姿となる。ピエロって日本ではあまり馴染みがないかもしれないけど、欧米ではピエロ恐怖症なんてものもあるくらい、人によっては恐怖の対象になるんだとか。しかもその流れを助長させたのが本作の存在らしい。本性を表して、牙をむき出しにしながら目の色を変える恐ろしさがたまらない。子供やったら確実に泣いてるで、これ。特殊メイクの生々しさって、やっぱりCGでは表現できないよね。

 

子供の何気ない恐怖がリアルに描かれてるのも面白かった。『ホームアローン』でもそうだったけど、アメリカ人の子供は家の地下室を怖がるらしい。日本人の子供がトイレとか押入れを怖がるのと一緒だ。暗いところに入って、用が済んだら後ろを向くことなく全力ダッシュで脱出!なんて、誰でも経験してそうなことを挿入するのが上手くてにくい 笑

 

ホラーな面は申し分ないけど、子供時代のドラマの面も非常に魅力的。人間誰しもが体験してきた子供の時代。ひと夏の間にイットへの恐怖と並行して映し出される友情、喧嘩、恋、冒険心などは、同じスティーブン・キング原作の名作『スタンド・バイ・ミー』に近い。だから『スタンド・バイ・ミー』が好きな人は絶対に観るべき。本作には「新しく友達ができる瞬間」という、『スタンド・バイ・ミー』にはなかった大きなポイントがある。「そうそう、友達になる瞬間って、こんなんだったんだなー」って気持ちになって、懐かしい感じがとっても和む。大人時代のドラマも面白いんだけど、いかんせん最後のイットの○○といい、対峙する一連のシーンが残念なのがもったいない。何が残念かは観れば分かるよきっと。

 

公開中のリメイク作を観にいく前に、是非本作を観ましょう!

 

ペヴの大人時代に、仕事の商談相手として日本人のビジネスマンが何人かで登場する。「日本人にはどんなジョークを言えばいいんだ?」って台詞とか、黒縁メガネとスーツでビシッときめて、厳格な雰囲気でお辞儀のみをする姿を観ると、当時のアメリカ人が思い込んでいた日本人像ってのが垣間見える。まあ現代でもそうなんだろうけどね。結論!日本人働きすぎ(ファッキンハード)!以上! 

 

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 恋するランボー『ランボー 怒りの脱出』
    Jing Fu (12/28)
  • 恋するランボー『ランボー 怒りの脱出』
    craftsman-w (12/26)
  • 「いっち、にっ、いっち、にっ」『ムカデ人間』
    Jing Fu (12/15)
  • 「いっち、にっ、いっち、にっ」『ムカデ人間』
    asami (12/14)
  • 「いっち、にっ、いっち、にっ」『ムカデ人間』
    asami (12/14)
  • 頭を素でぶつけちゃうトルーパー『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』
    Jing Fu (12/11)
  • 頭を素でぶつけちゃうトルーパー『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』
    asami (12/09)
  • ラスト、はあ...『ミスト』
    Jing Fu (10/24)
  • DVP(ダニー・グローバーVSプレデター)『プレデター2』
    Jing Fu (10/24)
  • DVP(ダニー・グローバーVSプレデター)『プレデター2』
    craftsman-w (10/23)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM