懲りないチャッキー今日も殺る『チャイルド・プレイ2』/ブログ開設1周年

  • 2017.09.11 Monday
  • 21:03

JUGEMテーマ:映画

原題 Child’s Play 2

製作 アメリカ(1990)

監督 ジョン・ラフィア

出演 アレックス・ヴィンセント、クリスティーン・エリス、ブラッド・ドゥーリフ(声)etc

★★★☆☆

 

お久しぶりです。最近会社を定時で帰れることもほとんどなくなり、以前よりさらに増して記事を更新する頻度が下がってしまっています。もし、もしも(笑)、俺の記事の更新を楽しみにしてくださってる人がいたらホントすみません(汗 

 

全く個人的なことですが、実は去る9月2日で、本ブログを始めてからなんと1年が経っていました。これ、あまりにも早すぎてマジでびっくり。1年経っても文章力は殆ど向上しませんが、1年前とは比べ物にならないほど、非常に多くの方々が本ブログを訪れてくれるようになりました。素直に嬉しい(笑 訪問者が増えたり、時々「この映画観てみたい!」とか言ってくれる人がいることが本当に励みになってます。俺のブログで掲げるモットーは「映画を観るきっかけを作りたい」。これからももっと多くの映画を観て、それをより多くの人に紹介できるように頑張ってきます!引き続き、本ブログのこと見守ってやってください。目指せ、2周年!

 

ブードゥー教の秘術でグッド・ガイ人形に乗り移ったチャールズ・リー・レイ=チャッキー(ブラッド・ドゥーリフ[声])が巻き起こした惨劇の後日。裁判で事件の真相を主張し続けていた母親は精神病院に強制的に入れられてしまう。残された息子のアンディ(アレックス・ヴィンセント)は幼児保護施設に送られる。その後アンディは養子としてシンプソン夫妻に連れられ、同じく養子として引き取られていたティーンネイジの女性のカイル(クリスティーン・エリス)とともに生活をすることになる。一方で、アンディとグッド・ガイ人形の事件によって製造会社の人気イメージは喪失。会社の社長は例の事件でボロボロになった人形を回収、綺麗に復元して事件は嘘であると証明し、イメージの回復を試みる。しかし人形が復元されたことにより、チャッキーの魂が蘇ってしまう…。

 

殺人鬼の魂が乗り移った人形による殺人絵巻のシリーズ第2弾。動くはずのない人形が殺人を働く様子を巧みな演出で表現し、気味の悪さとおぞましさで怖がらせた前作。本作ではすでにチャッキーの正体や詳細が分かっているため、若干ホラーの構成が変化している。分かりやすく説明すると、得体の知れない薄気味悪さと言うよりは、チャッキーが織りなす血みどろ殺人のスプラッター・サイコホラーみたいな感じ。もっと分かんないか。

 

 前作が相当ヒットしたもんだから、制作費もドドンとアップ(?)!前作よりもチャッキー人形にお金が投入され、より表情のクオリティが洗練されている。活き活きとした動きを見せつつ、どことなくぎこちない仕草を見せるのが上手い。スムーズに動くよりもよりも、この方が人形らしくて生々しいよね。小さいけど大切なこととだと思う。

 

前作を超える勢いでチャッキーによる恐怖の殺人が繰り広げられる。これはさながら、チャッキーの殺人博覧会を観ているかのようなもんだ。殺しにもバリエーションがあって特に飽きもない。存分にスプラッターな殺戮の数々を楽しもう。また、物語のラストスパートにおけるチャッキーの「中々死なないダイハード感」がちゃーんと本作にも継承されている。体を破壊されていっても何度も食らいついてくる一連のしぶとさは、相変わらずゴアで気持ちが悪い。

 

前作で不運すぎる少年アンディを演じたアレックス・ヴィンセントが、本作でも引き続きアンディを演じる(続投してるのは彼とチャッキーの声役のブラッド・ドゥーリフのみ)。本作でも、「小さい子供の言うことは誰も信じてくれない」という描写があるが、前作と比べると歯がゆいもどかしさが若干弱まった感じがある。もう少し、アンディが過去の事件のトラウマに悩まされて精神的に苦しむような展開があった方が面白くなったんじゃないだろうか。

 

ヒロインのポジションになるカイルを演じるクリスティーン・エリス。個人的にはタイプではないけど、中々の美人だと思った。クール系だけど時々かわいい表情になる時もあって結構好き。なんとなく雰囲気が水原希子っぽいのかな。前作におけるアンディのママのごとく、勇ましい立ち振る舞いを見せるのがなんとも頼もしい。

 

前作と比べるとホラーの趣が変化しているが、ホラー作品としては安定していてこれはこれでOKだと思う。そもそも『チャイルド・プレイ』シリーズを純粋なホラーとして楽しめるのは本作までで、これ以降のシリーズはしばらくホラー・悪趣味コメディみたいな道を辿っていくから(本作も少し危ういとこがあるけど)笑

 

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 恋するランボー『ランボー 怒りの脱出』
    Jing Fu (12/28)
  • 恋するランボー『ランボー 怒りの脱出』
    craftsman-w (12/26)
  • 「いっち、にっ、いっち、にっ」『ムカデ人間』
    Jing Fu (12/15)
  • 「いっち、にっ、いっち、にっ」『ムカデ人間』
    asami (12/14)
  • 「いっち、にっ、いっち、にっ」『ムカデ人間』
    asami (12/14)
  • 頭を素でぶつけちゃうトルーパー『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』
    Jing Fu (12/11)
  • 頭を素でぶつけちゃうトルーパー『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』
    asami (12/09)
  • ラスト、はあ...『ミスト』
    Jing Fu (10/24)
  • DVP(ダニー・グローバーVSプレデター)『プレデター2』
    Jing Fu (10/24)
  • DVP(ダニー・グローバーVSプレデター)『プレデター2』
    craftsman-w (10/23)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM