あなたは耐えられるか!?『ザ・フライ』

  • 2018.01.14 Sunday
  • 20:00

原題 THE FLY

製作 アメリカ(1986)

監督 デヴィッド・クローネンバーグ

出演 ジェフ・ゴールドブラム、ジーナ・デイヴィス、ジョン・ゲッツetc

★★★☆☆

【あらすじ】

科学者のセス(ジェフ・ゴールドブラム)は、自室にて「テレポッド」という物質転換機を発明する。この機械は片方の容器内に入れた物体を細胞レベルで分解し、もう片方の容器内に送って再構築するというものだった。しかしそれは無機物のみが成功しており、有機物は失敗続きだった。ある日の展覧会で知り合った雑誌記者のヴェロニカ(ジーナ・デイビス)からの助言を得たセスは、テレポッドの改良を進める。失敗続きもあり、セスはヤケ酒の勢いで、自らテレポッドに入り込んで実験をする。自身の転送に成功した彼は歓喜し、ヴェロニカと恋に落ちる。ところが、実験は成功していたかのように思えていたが、セスが入ったテレポッドの中には1匹のハエが紛れ込んでいたのだ…。

 

1958年の『ハエ男の恐怖』を、『スキャナーズ』デヴィッド・クローネンバーグがリメイクしたのが本作。そっち(原作)は観たことがないので本作との比較はできないのが力不足。小学生の頃に親が観ていたのを横目で眺めてた記憶があって、子供心にずっしり残るショックがあったのをうっすら覚えていたんだけど、久しぶりに見返してもかなりショッキングなシーンが多く、思わず弱腰になるハメに(汗 テレポッドの中からハエと人間の手が伸びているポスターも、独自の雰囲気があって不気味だ。

 

『ジュラシック・パーク』1・2作目のマルコム博士が有名なジェフ・ゴールドブラムの出世作。本作では、実験段階で1匹のハエとがっちゃんこしてしまったばかりに、体が次第にハエ化していってしまう悲劇の主人公を怪演している。ハエらしい小刻みな動きを入れたり、溢れるパワーを解放して興奮したり、幅の広い演技は魅力的。ハエ化の進行と併せて段々暴走していくセスと、その暴走に巻き込まれていく周囲を描いたドラマは、緊張なくして観ることはできない。ジェフ『ジュラパ』の時のに比べて当然ながら若く、しかしどこか垢抜けない印象がある。こう言ってはナンだが、どことなく臭そう…(こらこらッ!)。イケメンというよりも、今で言うカイロ・レン=アダム・ドライバーみたいな個性的な顔立ちをしているように感じる。「もしや開始時点で既ににハエとの同化が始まってるのか!?」と思った人、彼は最初からこんな顔なんです(笑 もう少し自分のアイデンティティを必死に保とうとするような描写があれば、ドラマがもっと緊迫化したと思うんだけど、どうだろう。

 

ハエ化が進行し始める中盤あたりから、本作は真価を発揮する。とにかく、セスがハエ化していくその姿が気持ち悪いったらない!最初は固い数本の毛や吹き出物から始まり、その内ツメが剥がれ耳が取れて、人間としてあるべき姿がどんどん失われていく。このグロテスクな一連の描写には、誰しもが精神的に軽いダメージを受けるだろう。このキモいグチャグチャ特殊メイク・効果はクローネンバーグ監督の得意分野のため、キモいなりにもかなり見応えがある。正直CGよりも遥かにリアルで、現在のCGでも表現できない鮮度が素晴らしい。気持ち悪さのレベルは相当なものなので、食事の前後には鑑賞を控えることをオススメする。ちなみにクローネンバーグ監督本人は、産婦人科の医師役で顔見せしている。

 

暴走の果てに、身も心もハエへと変貌してしまったセスに待ち受ける運命とは。ヴェロニカが下す決断とは。ラストは悲しい、悲しいったら悲しい。後味が悪いながらも、切なさとほのかな甘さが残り、一種のラブストーリーとも読める。これぞ「愛と哀しみ」だ。

 

 

JUGEMテーマ:映画

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 恋するランボー『ランボー 怒りの脱出』
    Jing Fu (12/28)
  • 恋するランボー『ランボー 怒りの脱出』
    craftsman-w (12/26)
  • 「いっち、にっ、いっち、にっ」『ムカデ人間』
    Jing Fu (12/15)
  • 「いっち、にっ、いっち、にっ」『ムカデ人間』
    asami (12/14)
  • 「いっち、にっ、いっち、にっ」『ムカデ人間』
    asami (12/14)
  • 頭を素でぶつけちゃうトルーパー『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』
    Jing Fu (12/11)
  • 頭を素でぶつけちゃうトルーパー『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』
    asami (12/09)
  • ラスト、はあ...『ミスト』
    Jing Fu (10/24)
  • DVP(ダニー・グローバーVSプレデター)『プレデター2』
    Jing Fu (10/24)
  • DVP(ダニー・グローバーVSプレデター)『プレデター2』
    craftsman-w (10/23)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM