頭を素でぶつけちゃうトルーパー『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』

  • 2016.12.08 Thursday
  • 21:23

JUGEMテーマ:映画

原題 STAR WARS EPISODE IV A NEW HOPE

製作 アメリカ(1977)

監督 ジョージ・ルーカス

出演 マーク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャーetc

★★★★☆

実はおととい名古屋の某所でパスタを食べたところ、直後から調子が悪くなって食あたりのような症状が...。おかげでおとといの夕方から昨日の昼までずっとダウンしてました(汗 んで、ベッドの中でぼんやり観たのが、言わずと知れたこの名作。

 

 

遠い昔、はるか彼方の銀河系で。銀河共和国の守護者のジェダイ騎士団と共和国が滅亡し、銀河帝国軍によって銀河が支配されようとしていた。反乱軍のスパイは、帝国軍の最終兵器、デス・スターの設計図を盗み出す。設計図を所持していた指導者のレイア姫(キャリー・フィッシャー)は、輸送船で帰還途中に帝国軍、シスの暗黒卿ダース・ベイダー(デビット・プラウズ/ジェームズ・アール・ジョーンズ<声>)によって捕まる。直前に、レイアはある人物に協力を求めるため、設計図をドロイドのR2-D2(ケニー・ベイカー)に託す。R2は相棒のC-3PO(アンソニー・ダニエルズ)と共に船から脱出、惑星タトゥイーンに漂着する。

 

 

今更説明するまでもないほどの名作だよね。今なお世界中の人間を熱狂させ続ける人気シリーズの原点。日本の映画や文化が骨組みになっていることでも有名。今年もついに1週間後に新作『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』が公開される。あらすじに書いた、スパイが設計図を盗み出すというのが『ローグ・ワン』のテーマになっており、『ローグ・ワン』は本作の直前までを描くストーリーらしいので、観にいく前に最低でも今作を観ていくことをおすすめする。1〜3は大丈夫かな?そもそも、物語の時系列的には今作は4だが、製作された順は4→5→6→1→2→3なので、4から観ても1から観てもそれほど問題はないと思うよ。俺は上記の順で観ることをオススメする。とにかく、今作は物語の展開が早い早い。場面の切り替わりも頻繁に行われる。もう40年近くも前の映画なのに、観ていて興奮とワクテカが止まらない。純粋に楽しめるんだよね。よくこの時代にここまで細かく映像化に成功したもんだ。まあ確かに古臭い感じは否めないが、これはこれで味があっていいと思う。ちなみに、現在DVDなどで観ることが出来る本編は、後に至る部分でCGなどが追加、修正された、時代に合わせてより映像の向上化を図った改変版であり、オリジナル版ではないので注意。オリジナルも観てみたいなあ。

 

あまり女子ウケするような作風じゃないんだろうか、俺の周りにも男のファンは大勢いるが女子のファンは一握りしかいない。でもね、そこにはジョージ・ルーカスの壮大な宇宙物語が広がってるんですよ。スペース・オペラなんてまさにその通り。キャラクターの1人1人が良くも悪くも個性的で印象に残りやすい。数多く登場する宇宙人たちも、いかにもルーカスらしくコメディでファンタジックに描かれていて観ていて楽しい。その中でも、やっぱりダース・ベイダーは別格なんだよなあ。ベイダーなんか、この世に知らない人はいないでしょ? 笑 もうインパクトの破壊力が違う。伊達政宗の兜がヘルメットのモデルになっている彼は、悪役ながらもここまで人気なキャラクターとなった。あと、ハン・ソロ。演じるは、キャー!ハリソン・フォード!一匹狼でクールなタフガイは、申し訳ないけど主役のルークよりも格段にかっこいい。脇役ながらも、主役を完全に喰っちゃってるんだよね。もうちょっと登場の仕方をちゃんと描いてほしかった。ハリソンがこの映画でブレイクしたのも頷ける。ルークは、出番は多いけどハリソンの凄みもあってイマイチパッとしない気がするんだよな。レイアは...もうツッコミどころありすぎのネタ要員だろ 笑 卑弥呼かよその頭。

 

ベイダーとオビ・ワンのライトセイバーチャンバラは、いかにも日本の時代劇から影響を受けたかのような演出だ。残念ながら殺陣としては、迫力やキレがかなり欠けていてレベルが高いとはいえない。まあ、前例がなかったから仕方がないか。

 

 

オープニングロールだったり、ジョン・ウィリアムズの記憶に刻まれる音楽、ライトセイバーなど、作品を見たことがない人でも知っているような要素がズラリ。意外にリアルな音を立てて倒れるR2だとか、音を立てて頭を扉にぶつけるトルーパーとか、小さい見所も多い。大体、一番に突っ込んできたトルーパーって撃たれて死ぬよね。ストーリー自体は、特に目を惹く部分があるわけではないが、シリーズを通して観ればその面白さが膨らんでいくと思う。単に宇宙船とかレーザーとかの大戦SFではなく、冒険活劇や家族とか仲間の絆、宗教的な要素と歴史が描かれているのが、類似作品群とは一線を下す。とりあえず『ローグ・ワン』観にいく予定の人は必見。

 

スポンサーサイト

  • 2017.07.23 Sunday
  • 21:23
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    はじめまして!

    スターウォーズ、全部見たいんですが、シリーズが多すぎてなかなか進まなくて苦労してます&#128166;4、5を見て止まってます。笑

    レイア姫、ホント卑弥呼様ですよね!笑
    でもあの時代にCGみたいなのを使ってるのはすごいと思いました!
    • asami
    • 2016/12/09 12:59 AM
    asamiさん
    コメントありがとうございます。確かに、シリーズ作品が多くて戸惑っちゃいますよね(汗 自分も最初は困惑しました。最新作『ローグ・ワン』も公開されることですし、そのまま6、7を通して観てみてはいかがでしょう。また、1、2、3の順で観れば、その後の『ローグ・ワン』でのベイダーの心情などがよく観てとれるかもしれないので、興味深いです。

    CGのない時代によくあそこまで映像化しましたよね。古い映画を観て先人たちの知恵や技術を観ることが出来るのも、映画の醍醐味の1つだと思います。
    • Jing Fu
    • 2016/12/11 12:08 AM
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 恋するランボー『ランボー 怒りの脱出』
      Jing Fu (12/28)
    • 恋するランボー『ランボー 怒りの脱出』
      craftsman-w (12/26)
    • 「いっち、にっ、いっち、にっ」『ムカデ人間』
      Jing Fu (12/15)
    • 「いっち、にっ、いっち、にっ」『ムカデ人間』
      asami (12/14)
    • 「いっち、にっ、いっち、にっ」『ムカデ人間』
      asami (12/14)
    • 頭を素でぶつけちゃうトルーパー『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』
      Jing Fu (12/11)
    • 頭を素でぶつけちゃうトルーパー『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』
      asami (12/09)
    • ラスト、はあ...『ミスト』
      Jing Fu (10/24)
    • DVP(ダニー・グローバーVSプレデター)『プレデター2』
      Jing Fu (10/24)
    • DVP(ダニー・グローバーVSプレデター)『プレデター2』
      craftsman-w (10/23)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM