「いっち、にっ、いっち、にっ」『ムカデ人間』

  • 2016.12.11 Sunday
  • 21:06

JUGEMテーマ:映画

原題 The human centipede

製作 オランダ(2010)

監督 トム・シックス

出演 アシュリー・C・ウィリアムズ、アシュリン・イェニー、北村昭博etc

★★★☆☆

 

先日、岐阜県の鷲ヶ岳に友人らと共にスノーボードをしに行きました。実は人生で2回目のボード。デビューは今年の初めで、あの時は『ファイナル・プロジェクト』のジャッキーばりに転がりまくってましたが、意外にも今回はほとんどこけることはなく快調に滑ることができました。で、昨日は知人とちょっと遠出する傍ら、2回目の『ファンタビ』を劇場で観てきたので、レビューが疎かになってしまいました。

 

今回の作品は中々斬新だが、下劣で少なからず観たことを後悔するような映画なので、ここでいや〜な感じを感じてる人はご退出を(苦笑

 

ヨーロッパを旅行中のアメリカ人のリンジー(アシュリー・C・ウィリアムズ)とジェニー(アシュリン・イェニー)。2人の乗る車が、ドイツの森の中でパンクし、雨の中2人は森をさまようことに。やがて2人は、1軒の家を発見する。そこには、以前はシャム双生児の分離手術の名医であったヨーゼフ・ハイター(ディーター・ラーザー)が住んでいた。ヨーゼフは2人を家の中に迎え入れるが、彼はとんでもない願望を抱えていた。

 

その名も『ムカデ人間』。一時期、日本でも公開にあわせて話題になったよなー。「人間をつなげてみたい」という前代未聞の願望を持つイカレ医者と、その被害者らの映画だという。まあ映画ファンとしては多少の興味があったものの、中々観ようとは思っていなかった。別に過激なグロ描写に耐性がないというわけではないが、好きではない。それにこういった、ジャケを見て分かるようなゲテモノ映画は正直苦手だ。Netflixに追加されていて、存在を忘れかけていた時期だったので、軽い気持ちで観てみることに。結果、んー、どうだろう。観て心底後悔したとまではいかないが、やっぱりちょっと精神的にはくる映画だったかなー。

 

イカレ変態医者を演じるのは、ディーター・ラーザーというドイツ人俳優。エラが異常に張っているヴァンダム、またはランス・ヘンリクセンに見えなくもない。だが素晴らしいのはこのキャスティングだ。写真を見て分かるとおり、どう見てもこの人、イっちゃってる。いや、こんなこと言ったら本人に失礼だろうが、現実世界でも変態なのか、と錯覚していしまうかのような気味の悪い目つき。少なくとも、向こうから歩いてきたら間違いなく凝視してしまうような顔だ。だから余計に変態演技に磨きがかかり、かなり生理的に不快感を覚える。こう感じちゃうってことは、まさにキャスティングの勝利なのだ。特にこの願望に意味が無いのも、良い意味で不条理だ。

 

また、この変態の犠牲者になってしまう人間の内の1人に、カツローという日本人がいる。以前に言ったように、外国映画に日本文化や日本人が出てくるのが個人的に好きなので、この点で目を惹くことになった。カツロー、全編バリバリの関西弁で

「お前誰や!!しばくぞオラーーッ!!」

「このドイツの変態野郎が!!!」

「火事場のクソ力や!!!日本なめんな!!!」

 

など、とにかくキレまくる。「なんで関西弁!?」と苦笑しながら突っ込みたくなった。でもその関西弁は、外国映画にありがちな下手な日本語ではなくて至って自然で聞きやすかったので、その点はよかった。英語はおろか、ドイツ語さえも一切話すことなく、ヨーゼフから「カミカゼ」と煽られて、伝わらないのに罵り続けるカツロー。いろんな意味で彼の発言を楽しむのが、本作の見所の1つかな。でもカツロー、アメリカ人の姉ちゃんらには流石に英語で話そうよ 笑 あと、カツローの最後の行動には思わず首をかしげる。なぜそうなった??てっきり攻撃すると思ったのに。なんか、日本人の潔いサムライ魂というか、外国人が思い込んでそうな日本人感が出てたような気がする。

 

んで、まあ結局はヨーゼフの思惑通り、3人はムカデ人間になってしまうんだなー。変態の悪趣味が光って、被害者らがあまりにも可哀想過ぎる映画だ。いざムカデ人間が出来上がってからの、ヨーゼフの迷走っぷりは面白かった。歯を抜くシーンや縫合部から血が滴るシーンは痛々しかったが、言うほどグロ描写は無かった。それよりも、やっぱり精神的な背徳感が強い。かなり観る人を選ぶ映画なのは間違いない。ムカデ人間のその姿は、是非ご自分でお確かめになってください。

 

 

スポンサーサイト

  • 2017.05.28 Sunday
  • 21:06
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    はじめまして😁

    ムカデ人間、私も見たことあるのですが、グロさよりもなんというか状況を想像した時の気持ち悪さが強かった記憶があります💦
    食べ物を食べた時のその後とか、、、笑

    続編は見る気が起きませんでした💦💦💦
    • asami
    • 2016/12/14 9:34 AM
    すいません、はじめましてって書いてしまいましたが間違えてしまいました😭
    • asami
    • 2016/12/14 9:36 AM
    asamiさん
    そうですよね。視覚的な気持ち悪さよりも精神的な気持ち悪さの方が強いですよね。知人に聞いたところ、2は観た人の人格を疑うような映画らしいので、俺も観る気が起こりません(笑
    • Jing Fu
    • 2016/12/15 1:02 AM
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 恋するランボー『ランボー 怒りの脱出』
      Jing Fu (12/28)
    • 恋するランボー『ランボー 怒りの脱出』
      craftsman-w (12/26)
    • 「いっち、にっ、いっち、にっ」『ムカデ人間』
      Jing Fu (12/15)
    • 「いっち、にっ、いっち、にっ」『ムカデ人間』
      asami (12/14)
    • 「いっち、にっ、いっち、にっ」『ムカデ人間』
      asami (12/14)
    • 頭を素でぶつけちゃうトルーパー『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』
      Jing Fu (12/11)
    • 頭を素でぶつけちゃうトルーパー『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』
      asami (12/09)
    • ラスト、はあ...『ミスト』
      Jing Fu (10/24)
    • DVP(ダニー・グローバーVSプレデター)『プレデター2』
      Jing Fu (10/24)
    • DVP(ダニー・グローバーVSプレデター)『プレデター2』
      craftsman-w (10/23)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM